ウインタースポーツを夏場に楽しみたい方におすすめスポット紹介サイト

サマーゲレンデの楽しみ方とは

服装はどんなものを着れば良いの?

サマーゲレンデは夏や秋に利用するものですのでもちろん気温は高い中で行います。
運動をすると暑くなりますし、半袖や半ズボンのウェアを着てやろうと考える方もいるかもしれませんがそれはとても危険です。
雪のあるゲレンデと違って、サマーゲレンデはクッションとなり衝撃を和らげてくれるものがありませんので転んだ際にケガをしてしまうことがあります。
必ず長袖、長ズボンのウェアを着て可能であればお尻の部分はパッドなどを付けるようにしましょう。
さらに転んでしまった際に手のひらをケガしないようにグローブを装着すること、頭を守るためいにヘルメットを着けることも大切です。
またサマーゲレンデは滑りを良くするために水を撒いています。
滑ると水しぶきが上がりますし、撒いている水がかかることもありますので可能であれば身に付けるものは防水機能のあるものにしておくことをおすすめします。

板はどんなものを使えば良いの?

サマーゲレンデは、冬に使用しているスキーやスノーボードの板をそのまま利用して滑ることが出来る場所もありますが自分の板を使う際には注意が必要です。
雪がない分摩擦が強くかかりますのでエッジなど板がかなり摩耗してしまいます。
自分の板を利用したいという方は、冬に使うものとサマーゲレンデで使うものを分けて所有しておく方が良いです。
ほとんどのところではレンタルを行っていますので、特にこだわらないという方はレンタルをしても良いでしょう。
身の安全を守るためのプロテクターやウェア、靴など一式レンタル出来るので手ぶらで行くことが出来るというのもレンタルを利用する魅力の一つです。
その他に夏ならではの用意しておいた良いものとして紫外線対策グッズです。
山の上はかなり日差しが強くなりますので、日焼け止めを塗っておくことやサングラスを着用することをおすすめします。