ウインタースポーツを夏場に楽しみたい方におすすめスポット紹介サイト

ウインタースポーツとは

サマーゲレンデとはどのような場所なのか

サマーゲレンデとは、冬はスキー場として利用されているゲレンデに雪の変わりにマットを敷いて滑ることが出来るようになっているゲレンデのことを言います。
近年はシーズンを問わずにウインタースポーツをしたいという方が非常に多くなっているのでとても注目を集めていますし、全国的に数も多くなってきています。
本来は冬の雪が沢山積もっている時にしか行うことが出来ないスキーやスノーボードなどのウインタースポーツを夏や秋の雪のない季節にも同じような感覚で楽しむことが出来ます。
基本的にはプラスチック製のマットを使用していて、滑りが良くなるようにスプリンクラーを使用して水をまいています。
サマーゲレンデには様々な種類がありますが、その中でもプラスノーは冬にスキーやスノーボードををする際と同じ板を使いますので、冬に行う際にとても近い感覚で楽しむことが出来ます。

サマーゲレンデの種類

一口にサマーゲレンデと言っても、スキー場によって使用しているマットの種類やコースは様々です。
主な種類としては、前に述べたようにプラスチック製のマットが敷き詰められているゲレンデに水を撒いて滑りやすくし、そこを冬に使用するものと同じ板を使用するプラスノー、タイヤのついた専用の器具をスキーブーツに装着してプラスチックマットの上をすべるグレステン、芝生の上を専用の用具をスキーブーツに装着して楽しむグラススキーなどがあります。
その他にも斜面をスキー板で滑り、ジャンプ台を飛んでプールに着地するウォータージャンプなどもあります。
それぞれに面白さも難易度も全く違いますので、自分の好みやレベルに合わせて選んで楽しむことが出来るというのが大きな魅力でもあります。